企業様のご依頼

インスタグラムが繋いでくれた企業様からのお仕事!新しい挑戦のお話【大阪住之江写真撮影ボード】

こんにちは

一瞬で人を惹きつける写真撮影用の背景ボードの全国出張ワークショップやオンラインショップの運営を行っています。

 

情熱と思いやりデザインペインターのsachicoです

 

今日のお話は「インスタグラムが繋いでくれた企業様からのお仕事!新しい挑戦のお話」をお届けしたいと思います。

それは、突然やってきたインスタグラムのダイレクトメッセージ。

 

「写真を撮影していただくと1枚おいくらになりますか?」

 

私はカメラマンではないのでお返事に躊躇しました。

ちょうどその時期に、別件で急遽「パイ」の撮影依頼があったところでしたので、何かこの流れは意味があることかもしれない。とそう思いました。

 

どちらのお話も、私のインスタグラムのセンスを評価してくださっていたので、それならばチャレンジしてみよう!と決心しました。

 

ご依頼を下さったのは「結婚式の招待状などウエディングを華やかに飾るペーパーアイテムの通信販売サイトを運営されている株式会社 麻田 ココサブ様」

 

わたしは、ココサブ様からのご期待に応えるために、ホームページにてコンセプトを読み込もう!と思いました。

それが「ごあいさつ」のページです。

https://www.cocosab.com/wp/cocosab/greeting/

 

しっかりと書き込まれた花嫁さんや花婿さんにむけてのメッセージ、「ココサブ」様のロゴマークの意味など、「あ!いいな~!!!」と思った私は、もっと「ココサブ様」を知りたくなり、夢中でスマホをスクロールしていました。

 

そして見つけたのが「ココサブ女性社長のネットショップ起業体験談」です。

https://www.cocosab.com/wp/cocosab/ceo/

 

今もう一度読み返しても、胸がジーンと熱くなるものが私にはあるんです。

 

初めは友人に頼まれて作って見たウエディングカード。

この1枚がきっかけで、OLをしながら副業を始め、何の信用も無い20代の頃、取引先を探すために様々な苦労を経験されたこと、それでも人との繋がりを大切にし、感謝の気持ちを忘れなかった社長様。

 

興味のある方は是非読んでみてほしいと思います!

 

なので、わたしはココサブ様からのご依頼に一生懸命応えたいと思いました。

 

 

打ち合わせはオンラインを使って行い、

・どんな方に向けてウエディングカードを届けたいのでしょうか?

・どんな雰囲気で商品撮影をご希望されますか?

など、アトリエにあるスタイリングボードをお見せしながら和やかにお話が出来ました。

 

スタイリングボードは桜ピンクとジヴェルニーを使って、温かい幸せなイメージで決り、試しに1種類のウエディングカードの撮影をしてみることに。

 

わたしはもう、ドキドキ!

 

ご期待に応えたい!

 

という気持ちでした^^

 

こうして、お試し撮りの雰囲気も気に入っていただき、ウエディングカード5種類の撮影のご依頼を正式に担当させていただけることになったのです。

 

こちらがココサブさんのウエディングご招待カードセットです。

結婚式のペーパーアイテムって、見ていてとても幸せな気持ちになれますね。

 

わたしも13年前??思い出します^^

 

ブルーご覧ください。

 

このブルーを見た時に、

結婚式で花嫁さんがもっとしあわせになるためのおまじない。

外国ではポピュラーなブルーのものを身に着けるという「サムシングブルー」を思い出しました。

 

純白のウエディングドレスを彷彿とさせるホワイトカラーのウエディンググリーティングカード。

 

依頼された商品撮影は初めてでしたが、ココサブさんのコンセプトと社長さんの起業物語を読んで、共感できる部分がたくさんあり、

このお仕事を受けよう!

私を選んでくれたからには、ご期待に応えられるように精一杯させていただこう!と、思ったお仕事でした。

 

ココサブ様とは、次の撮影が決まっております^^

 

株式会社 麻田

ココサブ 杉江様 この度はご依頼誠にありがとうございました。

ひきつづき、どうぞ宜しくお願い致します。

 

結婚式の招待状をお探しなら、ぜひ一度ココサブさんの通販サイトをご覧ください。

https://www.cocosab.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA